夜勤専従看護師という働き方

夜勤専従看護師 > 夜勤専従看護師への転職

夜勤専従看護師への転職

その名の通り夜勤専従となりますので、心身を崩しやすいのがデメリットといえます。 身体と相談して検討するようにしましょう。様々な夜勤専従看護師の求人があり、診療科目によっても業務が変わってくるようです。

看護師としての勤務経験があるのであれば、大体の予想はつくかと思います。夜勤専従看護師バイトといっても、病棟か救急外来かによっても仕事内容が異なります。 病棟は、トイレ介助、おむつ交換、点滴管理、体位交換、朝の採血や検温などがあります。 病棟での経験が3年程度あるのであれば、問題なく勤務可能でしょう。

夜勤専従となると心配な点といえば、昼間に入院・転入となった患者さんへの対応です。 顔と名前と病状を同時に覚えられたらいいのですが、そうもいかず、顔と一致しないこともあるかと思います。

もしその患者さんの容態が急変した場合、冷静かつ適切に対処できる自信を持っていなくてはなりません。病棟では高いスキルが求められているのではなく、責任を持って業務に取り組む気持ちが何より大切となってくるのです。
富山県看護協会

一方で、救急外来は医師との連携をとって診察のサポートをしたり、病棟との業務連絡、患者さんやご家族への案内など、知識と判断力が必要です。もしかすると、それらをすべて1人で任されることになるので、病棟と比べるとハードルが高いように感じます。

勤務時間はというと、 ・2交代制…17時~翌朝9時 ・3交代制…0時~9時 となります。

気になるお給料ですが、夜勤専従の手当があり、1回あたり2~3万円くらいです。 残業手当ももちろん付きます。夜勤の勤務は法律によって回数が決まっており、条件にもよりますが9~10日ですから、ちょっと大変ですね。

事情があって夜勤専従を選択する人が多いと思います。 通勤時間や勤務日を考慮するとなると、条件を満たす転職先が沢山あるとはいえません。 最近は求人サイトが沢山あり、検索の幅が広くなっていますから、諦めずに探してみましょう。